自民党市議団・大分市議会議員 工藤てつひろ
責任を持っての行動、新しい大分−工藤てつひろ
 
プロフィール(工藤てつひろを知る)
工藤てつひろの近況報告
本日は晴天なり(コラム)
みなさんからの意見箱
トップページへ戻る

市議会議員になると、いろんな事を頼まれます。
 まず多いのが、「市営住宅に入りたいのだが、どうにかならないか?」という内容。ちょっと無理なんですね。入居するには、市役所本庁舎6階の住宅課に申し込み、2ヵ月に1回奇数月に募集があります。その後に『公開抽選』で決められるのです。市議会議員といえども抽選を当てるような超能力(?)はありませんし、勿論不正は出来ません。(ただ、母子家庭、身体障害者、2年で9回以上はずれた方などには優先枠があり、2回抽選できます)なかなか抽選に当たらなくても、頑張って何度も応募してほしいです。或いは自分の『運』を磨いて下さい。スミマセンが……。なお、たま〜にですが、募集しても応募者のいない所にはすぐに入居できますヨ。月2回発行の市報をマメにチェックしてみて下さい。
 それから、道路のカーブミラーや防犯灯などの件で聞かれたりもします。これらは、個人的にではなくその地元の自治会長さんなどを通して話を進めると、比較的早いと思います。やはり、個人の利益ではなく地域の為にということが最重点です。地域の細かいことは市まで行き届かない点もあると思うので、逆にたくさんの情報を提供していただいて、できるだけ早くより良い対応をしたいと思います。
 いろんな悩みやわからない事があれば、何でも聞いて下さい。たぶん私もすぐには分からないと思いますが、自分なりに調べて一緒に考えて行きたいと思います。ただ、お金の相談や、恋愛等の相談はちょっと……。議員ということで、市のことに関しては話が通ると思われても困るんですけど、『市』と『市民の皆さん』との橋渡しができたらいいなというのが私の考えです。(ちょっとカッコつけすぎかな。)
 話はガラッと変わりますが、9月に県民体育大会がありましたね。私、出場したんですよ! 来賓ではなく、なんと『選手』として。それも陸上競技の100mと400mリレーにですよ。選手として走るのは小学校の運動会以来です。(一応6年間連続でリレーの選手だったんですよ。信じられないかもしれませんが)「議員の部」というのがあって、他市の議員さん方も出場されていましたが、議員にこのような行事があるとは全く知りませんでした。せっかく出るのに、一番苦手な走る種目とは……。ラグビーでぶつかったり、ボールを蹴ったりは得意なんですが、「ただ走るだけ」は好きではないんですよねぇ。
 スタートの個人練習を隅の方でこそっとして、なんとか走りましたが皆さんすんごいです。55歳とか60歳の方でも、元気に私より速く走るんですから。そーとーショック!! 私の姿もなんだか場違いのようで……。陸上は陸上でも、トラック競技でなく自他とも認めるフィールド向きでしょう。周りは手足のスラリとした人ばかり。同じ人間とは思えん。「骨の数が違うんやねえんか?」とひがんでしまいました。結局100mは決勝6位、リレーの方はというと期待を裏切って予選ダントツのトップだったものの、決勝では残念ながら4位でした。(思いのほか好成績!)今回は準備期間が全くなかったので、ということを言い訳にして、来年を目指し、まずは、減量から始めんと。(トラックに自然に溶け込めるように)……んーっと、ただしタイムは二の次?


 第三回へ 第五回へ 近況報告目次へ戻る

コラム目次へ戻る 近況報告目次へ戻る