自民党市議団・大分市議会議員 工藤てつひろ
責任を持っての行動、新しい大分−工藤てつひろ
 
プロフィール(工藤てつひろを知る)
工藤てつひろの近況報告
本日は晴天なり(コラム)
みなさんからの意見箱
トップページへ戻る
防災に明け暮れた1日でした。

2月5日、地元芦崎、浜町北、浜町東、新川西、合同防災訓練が行われました。
去年の東日本大震災もそうですが、芦崎に於いて昨年2月に火災があり、密集地で数件が焼け、1名が亡くなりました。
訓練は、消火器の使い方や人工呼吸法、、地震体験など、大分消防署の協力のより、多くの住民が勉強していました。
感じたのは、お年寄りばかりで肝心な若者がほとんどいなかった事が残念です。
午後は、備災シンポジウムが明野アクロスホールでありその講演を聞きに参りました。
東日本大震災の現場を見てきた、地元新聞記者の講演・阪神・淡路大震災から17年、現場を知る記者の講演があり、パネルディスカッションがありました。
中でも、災害は一つひとつ違う。同じ形態の災害はない。
確かに、地震による被害でも、阪神の場合は、建物の倒壊や火災、今回の東日本は、津波による被害、ありとあらゆる想定が必要であることを確認しました。


近況報告目次へ戻る 近況報告目次へ戻る